FC2ブログ

膠原病(全身性強皮症とシェーグレン症候群)とつきあいながら暮らす日常のことなど

今日は定期受診。
問題なければまたエンドキサンの予定でしたが・・・

今回はカルシウムがえらく下がってるということで、エンドキサンは中止、かわりにカルシウムの薬剤を静注してきました。
どうやら、前回打ったプラリアっていう骨粗鬆症の注射の副作用で、血中のカルシウムが下がったらしい。
ここのところ、手足がしびれていたのは、気温が下がったとか、むくみがでていたとか、そういう原因じゃなかったようです。
来週また検査して、上がっていたらエンドキサンだそうです。

症状から始まっているとはいえ、薬の副作用を抑える薬、その副作用を抑える薬・・・と、悪循環のように薬が増えていきます。
じゃあ全部やめちゃえば、自然にまかせればっていうのもちょっと無理な話で、それができるならそもそも元々の症状なんか出ていないわけで。
重要なのは、元の病気がこれ以上悪化しないこと、少しでも長生きできること、何かあったときに治療の流れの中でお医者さんたちが考えてくれると信じること。
なので、まあしかたがないのです・・・薬が増えるのは。
闇雲に飲むのでなく、ちゃんとひとつずつ意味があるようなので、しかたがないと思うしか。

じゃあ自分にやれることは何か?
ストレスのかかりすぎない程度に、日常生活を『健康的』に過ごすことくらいですかね。
でも『健康的』にしようとしすぎてストレスがたまるのも逆効果なんで、時には羽目も外しますよーと・・・w
大きい声では言えませんがっ。(あんなもの食べたり、こんなことやったり・・・

一番の症状である下痢は、頻度はやや減ったものの、今もゲリラ豪雨状態。
せめて、一時的にでも止まる薬とかあればいいのにね。


おまけ
今日のにゃんこ
まぶしい
まぶしい
スポンサーサイト



2015.09.17 / Top↑