FC2ブログ

膠原病(全身性強皮症とシェーグレン症候群)とつきあいながら暮らす日常のことなど

今日は中3の次女の中学校に、個人懇談で出かけました。

本当は車は校内に停めさせてもらえないのですが、膠原病の話をしたら駐車場を融通してもらえました。
あけておいてくれたのは、広々とした「障害者スペース」でした。
駐車場のある地下2階からエレベーターで1階へ、本当はもっと上の階の教室で実施される懇談会を、1階の面談室でしてくれました。
なので階段は上らなくてすみました。面談室の固い椅子には、隣の保健室からクッションをもってきて敷いてくれました。

いたれりつくせり・・・ありがとうございます。

開口一番、「お母様、体調はいかがですか」と聞かれ、社交辞令言ってもしょうがないので、正直に一進一退で、とお話ししました。
中高一貫なので高校受験はないのですが、それでも成績のこと等いろいろとお小言もいただき、夏休みの宿題や提出物などしっかりやるよう、親も監視するよう言われました。
うへぇ・・・代数に幾何、英語に古文・・・懐かしのお勉強、しますかね+_+
でもこの4つの中で、多分最も忘れてるのは古文だなあ。活用とか、予習しないとさっぱり。
一番覚えてるのは代数と幾何・・・文系なのにねw二次関数のグラフとか超懐かしい。

夏休みは、親も宿題と提出物に追われそうです。
ヤレヤレ・・・

夕方、職場に顔を出してきました。
久しぶりに見る職場(4ヶ月ぶり)、毎日家事と体調不良に振り回されていると、仕事のことが遠く感じますが、職場に行くと、がんばらなきゃって思います。
体調的にはやっぱりまだこのペースにはついていけないとわかっているものの、気持ちだけは復帰にむけておこうと思います。
スポンサーサイト



2015.07.22 / Top↑