FC2ブログ

膠原病(全身性強皮症とシェーグレン症候群)とつきあいながら暮らす日常のことなど

7月になりました。まだ天候が不順なので?、私の体調もアップダウンが激しいようです。

7月ともなれば、名古屋の気温はもうかなり高くて、梅雨時の湿度も手伝って、毎日うんざりするほどの暑さではあるのですが、そんな気温になっても、やっぱりレイノーは出るのですね・・・

冷蔵庫から出したお肉を切っている時。
野菜の皮を剥いている時。
気温が低めの時(っていっても21度とかあるわけですが)。
ちょっと気温の低い日に車のハンドルを掴んだ時。
ちょっと雨に濡れたまま傘さして歩いてたりした時。
スーパーの生鮮食品売り場。

紫の指先を見て「わ!」と自分でびっくりしたりして。
主治医からは、レイノーは放置しないであっためて、と言われているので、家にいるときはお湯につけたりするのですが、スーパーとかではそれもできず、せいぜい自分の体(マシな方のてのひらや二の腕を触るとか、人のいないとこで首に手を突っ込むとか!)であっためたりしてますが・・・

娘が一緒にいれば、「ママかわいそう」とあっためてくれたりするけども・・・

そうやってもなお指先がしびれて、感覚がなくなって。
みんなどうしてるんだろう?
夏でもカイロ持参すべき?

とりあえず一番困るのは生鮮食品売り場かなw
行かないわけにはいかないけど、長居は禁物。
病気の前みたいに考えなしにブラっといって、のんびり裏まで見て選んでるとやばい。
メモに書いたものをさっさと買って去るようにしています・・・。
スポンサーサイト



2015.07.02 / Top↑