FC2ブログ

膠原病(全身性強皮症とシェーグレン症候群)とつきあいながら暮らす日常のことなど

今日は、大学病院の歯科口腔外科の3ヶ月に一度の定期受診。

前回までに処置した歯の検診や、シェーグレンの影響のチェック、口腔内の衛生などの検査です。
いつも同じ所に口内炎ができると話したところ、その部分の詰め物が出っ張っているのかも、と磨いてくれました。
あとは、歯肉炎の検査、歯垢除去、歯磨きまで・・・

詰め物の磨くとこまでは主治医が、その後は研修医だったらしく(らしくというのは、タオルで目隠し状態、メガネはずされてド近眼状態だったので女であること以外よくわからなかったw)、主治医の先生が隣でいろいろとアドバイスしながらの処置でした。

「抗癌剤も入れてて抵抗おちてるから、細菌を防ぐのが大事」とか「傷がつかないようにということと、消毒もこうやってああやって」とかの私みたいな病気の人に独特の配慮以外にも、「もうちょっと顔をこっちむけてもらうと裏がわも見えるから、上からこうやってのぞいて」とか「ミラーをこっち向きにするとここが見えるでしょ」とかの結構初心者向けのことも、事細かにお話しているのが丸聞こえでした。
でも、主治医自身もいつもいろいろと配慮しながらやってくれてたんだなあ、とうこともわかりました。
トータル1時間弱?
終わった後は、まるで歯のエステを受けたみたいにすっきりさっぱり。
ちょうど昼時でしたが、ごはんを食べるのを躊躇するほどでした・・・w

私の膠原病に関係ない科はもちろん近所のクリニックですが、少しでも関係のある科はやっぱり同じ病院で診てもらうのが安心ですね。


おまけ
今日のにゃんこ
壁にかけてあるエアコンのコントローラーが気になって、ベッドの上に乗ってのびのびー・・・
るる『あとちょっとで届くんだけどなあ』
あとちょっと
このあとハイジャンプしてこけていました。
写真としてはそっちのほうが撮りたかったんだけどw
スポンサーサイト



2015.06.30 / Top↑